学習の仕組み~時間を効果的に使い、より高いレベルへ~

 取得可能な資格~人と犬の幸せを構築できるプロのドッグトレーナーになる~

  • IPC協会認定DOG TRAINER C3級~S級(一般社団法人国際ペットカルチャー協会)
  • 損害保険募集人資格(アニコム損害保険株式会社)
  • 愛玩動物飼養管理士(公益法人愛玩動物協会)
  • 公務員試験国家3級、地方初級
  • 家庭動物販売士(一般社団法人全国ペット協会)
  • ペットシッター士(NPO法人日本ペットシッター協会)
  • ビジネス能力検定(B検)(文部科学省後援)

 コースの特徴~全国トップクラスの訓練技術をIPCで学ぶ~

  1. よく遊び、よく学べ!楽しくなければトレーニングじゃない!
    仲間や兄弟と遊びながら周りとの関係を学ぶ犬たち。だからこそ、遊びながらコミュニケーションを図るのがしつけの極意です。信じるか信じないかはあなた次第?!
  2. しつけ実践授業でスキルアップ
    自分たちで考えたしつけ教室の授業プランを、リアルな現場のわんわん動物園「いぬの学校」でプレゼンするところから取り組む完全OJT型授業で、より実践的なトレーニングを学びます。
  3. 能力開発実習で様々な使役犬訓練にふれる
    災害救助犬や補助犬など、人の役に立てる能力の開発を学ぶ。様々な仕事に携わる使役犬。人と犬の無限の関わりを学んでいくのもこの実習の魅力です。皆さんの夢も膨らむでしょう。

学習の内容~ドッグトレーナー専攻の特徴をご紹介します~

犬の本質

犬の本質を理解し、犬が楽しみながら訓練をつける方法を学ぶ。

ほめて伸ばす

犬を怒る訓練では犬が訓練を嫌がります。トレーナーも犬も楽しく、褒めて伸ばすがポイントです。

高等訓練

基本訓練が完成したら、次は高等訓練です。高等訓練には災害救助犬などの使役犬訓練もあります。

人に伝える話術

飼い主様や一般の方々にしつけの仕方などきちんと伝えるような話術やパフォーマンステクニックを学びます。

ペットトリマーを学ぶ

ドッグトレーナーもトリミングの基礎として、シャンプーや爪切りなどトリミングが必要となります。

 幅広い資格~ドッグトレーナー以外の資格も取得可能です

ドッグトレーナー以外の資格を取得することが可能です。多くの資格を取得して幅を広げてください。

 プロのドッグトレーナーを目指すならIPCへ

IPCグループのドッグトレーナーのスキルの高さは、全国ドッグトレーナーコンテストの4年連続全国制覇が証明しています。一人一頭の担当犬はもちろん、しつけ教室・犬の学校・お預かり訓練など、実際のお客様を相手にする多くの現場と、長年の実績に基づいて築かれたカリキュラムこそが,IPCの最大の魅力です。各方面で活躍できるドッグトレーナーの可能性を皆さんと追求していきましょう。

実習犬は一人一頭

複数名で一頭を担当するのではなく、実習犬は一人一頭!!当たり前のようですが、保有頭数が1000頭を超えるIPCグループだからこそ、皆さんに満足いただける実習を約束します。

訓練犬は担当犬+複数犬

自分一人のパートナー犬である担当犬だけでなく、それ以外にも複数の実習犬で、みなさんのスキルアップをお手伝いします。

経験豊かな先生が多数

講師経験だけでなく、プロとしての実務経験やさまざまなスキルを持った先生がみなさんを待っています。

お客様と直接会話ができる

しつけ教室など、現場実習を行う事で、お客様との対話の機会も多くあり、得難い経験を多く積むことが出来ます。

グループ内の犬の学校で貴重な体験自分たちで考えたしつけ教室の授業プランを、リアルな現場のわんわん動物園「いぬの学校」でプレゼンするところから取り組む、完全OJT型授業で、より実践的なトレーニングを学びます。

 

外部競技会にも積極参加

IPCグループのペット学校の競技会や、専門学校の全国大会の他にも各地で行われる競技会にも積極的に参加します。各種競技会に参加することで、自らのレベルアップにもつながります。

 担当犬+複数の実習犬で豊富な訓練実習

犬の性格は犬種や年齢だけではなく、育った環境にも左右され、千種万別。与えられた環境・条件によって解決策は異なってきます。IPCでは担当犬や複数の実習犬を通してこれを習得していきます。

実習の様子

犬と仲良く

たくさんのわんちゃんがいます。自分の担当犬はもちろんその他の犬とも仲良くできることはプロのトレーナーへの第一歩。常に犬達の表情に自注意しましょう。

アイコンタクト

トレーナーにとってアイコンタクトは一番大事。犬とのコミュニケーションやコントロールの基本です。担当犬と息を合わせてしっかりとアイコンタクトして成長しよう。

ツケ

脚側歩行がしっかりできていると、犬を飼うときにとっても安全です。飼い主の左足の横でリードを引っ張ることなく、常に歩くため、お散歩でも飼い主様の常に横にいることで安心です。

ふれあい

犬のプロにとって、ふれあいは第一歩。全身どこにふれてもわんちゃんが落ち着いている・・・まさにわんちゃんが信頼している証拠。ふれあいから病気の早期発見につながることも・・・。

遊び

犬はとても遊びが好きな動物です。ご褒美でもエサやおやつが好きな子もいれば遊びが一番のご褒美という子も少なくありません。楽しく遊びながらわんちゃんと共に成長していきましょう。

ディスクにチャレンジフライングディスクに挑戦。まずはディスクに慣れることから始め少しずつキャッチすることを学ばせます。自分のディスクコントロールもしっかり練習して、初めてパートナー犬がキャッチしたときは大感動です。

 

室外で訓練IPCには室内の訓練教室の他に青空の下に大型ドッグランもあります。思う存分、担当犬と走り回ることができます。太陽の下、風を感じながら犬と走り回れる環境は春や初夏などは最高です。

 

今日も一日お疲れ様

授業が終わったら担当犬を犬舎へ。訓練教室横のトイレゾーンで排泄もきちんとさせて食事の準備。日頃の健康ケアから担当犬と一緒だからこそ日々の勉強や実習で息のあったパフォーマンスができます。