学科目標~これからのトレンドも見据えたトリマーになる~

取得可能な資格~実力を磨いて、より高いレベルに~

  • IPC協会認定GROOM C3級~C2級(一般社団法人国際ペットカルチャー協会)
  • IPC協会認定TRIMMER C1級~S級(一般社団法人国際ペットカルチャー協会)
  • ペットエステティシャン(ペットエステ国際協会ジャパン)
  • 損害保険募集人資格(アニコム損害保険株式会社)
  • 愛玩動物飼養管理士(公益法人日本愛玩動物協会)
  • 家庭動物販売士(一般社団法人全国ペット協会)
  • ペットシッター士(NPO法人日本ペットシッター協会)
  • ビジネス能力検定(B検)(文部科学省後援)

 コースの特徴~キレイとスピード、この二つを両立するトリミング技術~

  1. 日本の匠の繊細なシザーワークとアメリカンスタイルのスピード感
    日本人の繊細で丁寧な仕事に対する姿勢とペット先進国アメリカのスピードトリミングの良い面を融合し、早く・キレイに、犬にやさしいトリミングを目指します。
  2. 何のためのトリミングなのか
    お客様のニーズは多様です。快適に暮らすための衛生面であったり、犬の個性や魅力を引き
    出してほしいなど様々です。何のために、何をすべきかを常に学びます。
  3. 健康維持(Health)のためのトリミング・わんちゃんに寄り添う
    犬の高齢化が進む近年では、健康維持に気を遣うのはもちろん、アンチエイジングや犬種に
    合ったカットスタイルなど、一頭一頭に寄り添った実習を心がけます。

 学習の内容~ペットトリマー専攻の特徴をご紹介します。~

犬の個性や魅力を引き出す

それぞれの犬の個性や魅力を見抜き、その中からかわいらしさを最大限引き出す方法を学びます

 

多数の犬種

当校の実習犬(カットモデル犬)は年間12,500頭。頭数の豊富さとIPCの飼育犬種の豊富さが多くの経験をもたらします。

トリマートレーニング

トリマーとして活躍するためには、多くの実習と経験が必要となります。IPCで多くの犬達と出会い実習を積んで下さい。

トリマーは健康管理者

トリマーは皮膚病を発見したり、他の犬との違いに気が付きます。こうした気づきを飼い主様へ伝えることが病気の早期発見につながります。

ドッグトレーニング授業

トリマーにとってもドッグトレーニングの素養があると有利!しっかり身につけて!

 幅広い資格~ペットトリマー以外の資格も取得可能です

ペットトリマー専攻以外の資格を取得することが可能です。多くの資格を取得して幅を広げてください。

 プロのトリマーを目指すならIPCへ


IPCでは、モデル犬・実習犬が多いのも自慢ですが、トリマーを目指す学校なら当たり前のことです。しかし、多くの犬をカットすることだけがトリマーとしてのスキルを上げるのでしょうか。トリマーの仕事は「お客様のご要望を聞く」「カットスタイルのアドバイス」「健康面・しつけ面での相談」など、多岐にわたります。カットモデル犬の一面を取っても、プロのトリマーになる為に、を考え、お客様の受付からが授業の一環です。実際の仕事とリンクさせ、現場で働くプロスタッフと各場面でどんなスキルが必要かを考え抜いたカリキュラムこそがIPCが選ばれる理由の一つです。

 注目ポイント
トリミング練習は一人一頭

トリマーはすべての作業を一人でこなします。一頭を確実に仕上げることの繰り返しこそがトリマーのスキルをアップさせます。受付から仕上げまで、プロの仕事の縮図が授業となります。

広いトリミング実習室

多くの学生に対応するため、広い実習室を完備しています。すし詰めではなく、しっかりとパーソナルスペースを確保しての実習が可能です。

IPCグループのトリミングサロンがある

敷地内にIPCグループのトリミングサロンがあり、インターンシップ先としても使用します。授業ではなく、プロスタッフの一員としての経験はかけがえのないものとなります。

経験豊富な先生が多数

講師経験だけではなく、プロとしての実務経験や国際資格の指導教員など、様々なスキルを持った先生が皆さんをまっています。

ペット業界の最先端に触れる

日々進歩を続けるペット業界。お客様をお迎えする現場をはじめとし、最先端の技術にアンテナを張り、積極的にカリキュラムに取り入れる柔軟さもIPCの特徴です。

国際ライセンスの「ペットエステティシャン」を取得できる

全世界10か国で認定されているペットエステティシャンの資格を取得できます。
国家資格の少ない動物業界において、世界に通用する資格は強い味方になります。

スピードトリミング

トリミングが犬に与える「我慢しなければいけない時間」を少なくし、トリマーが一日で仕上げられる頭数を伸ば
す効果的な方法がスピードトリミングです。

犬種も年齢も個性も様々な担当犬と顧客のカットモデル犬が学生たちのトリミング授業のパートナー。
多くの実習を積んでプロのトリマーを目指します。~12,500頭以上のカットモデル犬~

 実習の様子
爪切り

まずは爪切りから。おとなしい子もいれば嫌がる子もいます。
落ち着いてキレイにしてあげましょう。最近の家屋に多いフローリングでも歩きやすくしてあげましょう。

ブラッシング

わんちゃんの被毛に合わせて適切なブラシを選択してブラッシング。毛並みを整えるだけではなく、同時に皮膚の状態もチェックしよう。皮膚病などの早期発見は健康維持の基本です。

シャンプー

シャンプーは苦手な子が多いです。特に顔回りなどは丁寧に水量などにも気を付けてあげましょう。特に目の周りは涙焼けなどがあるので丁寧に清潔にしてあげます。

ドライ

特に気を付けたいのがドライです。しっかり乾かさないとそれが原因で皮膚病になることも・わきの下や口元などしっかり乾かしましょう。ドライヤーとブラシを使ってスピーディーに。

クリッパー

スピードトリミングを取り入れている本校ではクリッパーは時短の要。より効率的にイメージカットに近づけるために重要な施術です。ブレード(替刃)の長さ一つとってもその部位によって使い分けます。

 

カット

トリマーの腕の見せ所です。完成のイメージをしっかりとしてカットしていきます。カットにかかる時間が短ければ短いほどワンちゃんも負担が減ります。施術時間の短縮を目指しましょう。

仕上げ

さあ、仕上げです。カットした面をしっかりと完成イメージに近づけていきましょう。カットだけではなく、今ではネイルやカラーまでオーダーを頂く事も。わんちゃんにも飼い主様にも喜ばれる仕上がりを目指しましょう

可愛くなりました

カット前と比べてどうですか?すっきり衛生的・健康的かつキュートになりました。毎日の繰り返しの中で積み上げた技術でイメージ通りカットもできて、自信もついてきました。飼い主様にも喜ばれるといいな・・・。