学べる学科

当校で学べる専攻学科はペットトリマー専攻とドッグトレーナー専攻です。2年間の中で1年ずつ2つの専攻が学べるW選択コースもあります。以下に各学科とW選択コースをご紹介します。

ペットトリマー科専攻

何のためにわんちゃんをキレイにするのか、時間・施術・丁寧さを踏まえ飼い主様に愛され続けるわんちゃんを即戦力となるワンランク上の技術力を身につけられます

わんちゃんをキレイにする理由

人とワンちゃんが快適に生活するにはわんちゃんをキレイにする必要があります。しかし、ワンちゃんたちは自分で清潔を保つことはできません。そこで、ワンちゃんのキレイ、清潔を維持することができるようにグルーミングやトリミングが必要となります。

トリマーになる為のトレーニング

トリマーとして活躍するためには、多くの実習と経験が必要となります。IPCで多くの犬達と出会い実習を積んで下さい。
【先生のアドバイス】たくさんの犬たちと出会って、技術を磨いてください。

スピードトリミング

実はトリミングはワンちゃんに長時間施術を行うことで過度な負担をかけるものでもあります。こうした点を解決する方法がスピードトリミングです。でも、単に時間が早い(作業を省略している)わけではありません。スピードトリミングの道具を使って、早く、正確に、キレイを同時に施術しているのです。当校で学ぶスピードトリミングはわんちゃんの負担を軽減し、生産性を上げるトリミングです。

わんちゃんに優しい時間短縮

トリミングが犬に与える「我慢しなければいけない時間」を少なくし、トリマーが一日で仕上げられる頭数を伸ばす効果的な方法がスピードトリミングです。
【先生のアドバイス】スピードトリミングを基礎から学びましょう

もっと詳しく・・・

ドッグトレーナー専攻

しつけの先にある、より豊かで充実したドッグライフの提案者を目指す知識と経験を学べます

 犬の立場で考えられる人  

私たちが目指すドッグトレーナーとは、まず「犬の立場で考えられる人」であること。そのためには犬の習性や行動を理解し、犬を犬として受け止める姿勢が必要です。犬にも人と同じように感情があります。しかし犬を人と同じ ように受け止めてはいけません。

 ドッグトレーナーの役割・目的

全ての飼い主様がそうあって頂けるよう努めることがドッグトレーナーの役割・目的と考えています。

【先生のアドバイス】担当犬との訓練を積み重ね、訓練の技術を磨いてください。

 犬の行動の意味を正しく受け止める

犬社会でも、下位の犬がリーダー犬に叱られることがあります。こうしたとき人と犬はまったく、違った行動をとります。犬の行動の意味を正しく受け止め「犬を犬として考える」。それが「犬の立場で考えられる人」であり、飼い主様にそうあっていただけるよう努めることがドッグトレーナーの役割、目的と考えています。

 アニマルセラピー

アニマルセラピーについての知識と経験を深めます。施設の方たちに担当犬と一緒にゲームで遊んでもらって、たくさんの笑顔をいただいています。
【先生のアドバイス】アニマルセラピーは会話がとても大切です。

もっと詳しく・・・

トリマーとトレーナーのW選択

2年単位制総合課程ではペットトリマー科を1年やった後、ドッグトレーナー科といったような受講をすることもできます。ここでは前提として「3専攻」を用意しました。ペットトリマー科、ドッグトレーナー科、W専攻科(1年目ドッグトレーナー科/2年目ペットトリマー科)の3つの専攻から選ぶ事ができます。また、入学学科で1年学んだ後の転科も可能です。(オプションの3年目選択を利用して、2年間当初専攻学科を学んだ後、追加選択も可)

 

 さらに新しい3つの選択

2年単位制総合課程では更に3つの提案があります。「高卒学歴」「短大卒学歴」「3年目」。これは、まず高校中退だけど高卒資格も同時取得、高卒だけど短大卒業資格も同時取得を可能にした事を始め、更に学びたい方の為に3年目という提案が出来ます。特に3年目を選択する場合は「IPC学費減免制度」という、その為の新しい制度まで確立しました。3年目に関しては、当該年度授業料の半分を減免されえる制度になります。

資料請求は 体験入学は

募集要項 へ