3月5日卒業式が開催されました。緊急事態宣言は解除されたものの、コロナウィルス防止のためリモートで行われました。愛知産業大学短期大学部の先生やIPC学園理事長、など来賓の方々もリモートを通じお言葉をいただきました。保護者様には別室の外部モニターでご観覧をいただきました。

式の様子は保護者様にも来賓の方にも外部モニターやPCを通じてリアルタイムで伝えられましたが、全体の様子だけではなく、卒業生の表情などもピックアップして観覧できるように専用のカメラを設置しました。これらの映像をサブ画面で表示したり、メイン画面と切り替えて適宜配信するなど各会場においても臨席以上の臨場感が得られたとご参加された保護者様にも高評価をいただきました。

長かったようで短かった2年間、よく頑張りペットの資格だけではなく短大卒資格も同時に取得されました。
担当犬や後輩たちと別れるのはつらいですが、ここで学んだことは卒業後必ず役に立つことが数多くあるはずです。将来のご健闘を願ってやみません。ご卒業おめでとうございます。